今後の抱負

診療について

今後の抱負としては良い医療を求める患者さんとその家族の気持ちを理解し、適切な治療を適切な時に受けられるように努力したいと考えています。向精神薬の処方に頼りすぎず、患者さんの訴えに対して共感的な態度で耳を傾けることが必要だと思います。また精神科以外の各科で生じた精神障害の診断や治療にも役立ちたいと考えています。技術の進歩、医療経済の動向、情報開示の流れなどに常に留意し、最新の医療を患者さんに提供すべく努力する所存です。

研究について

名古屋大学大学院医学系研究科では神経画像を主体として、精神神経疾患と健常者の認知と脳機能に関する研究を続けたいと思います。神経画像研究を遂行する上では名古屋大学には研究用の高磁場MRI装置が導入されており、国内でも優れた研究環境にあると考えられます。放射線科などとの共同研究や、精神科での遺伝子研究なども取り入れたいと思います。また臨床各科との共同研究により、精神・神経疾患・加齢・認知症の予防・診断・治療・リハビリテーションに貢献するような研究を行う予定です。

教育について

医学部での教育に対する第一の抱負としては、精神医学における生物学的な視点とヒューマニスティックな視点とのバランスの重要性を教えたいと考えています。特に前者の生物学的な視点は科学的な根拠があり、診断や治療薬の選択に必須であるとともに学部・大学院における医学教育には欠かせません。しかし医療の現場においては、それぞれの患者の置かれている心理社会的な環境要因を的確に判断して具体的な解決策を講じる必要があります。このような患者およびそれを取り巻く人間関係などを把握する能力は、医療職となり臨床を始めた初期に養われることが重要でしょう。この両者のいずれかの視点が欠けても、医療職を育てる場としての役割が果たせないと考えています。

また近年の医療はチーム医療が主体であり、これは精神医療においても変わりはありません。このためには他科の医師、看護師、臨床心理士、作業療法士などを含むスタッフ相互の密接なコミュニケーションが必須です。異なった職種の間での意思の疎通のために医師としてリーダーシップを発揮することはもちろんですが、自らの専門性に閉じこもらないことも重要です。また診療する上で、円滑な治療関係を築くためにも相手の気持ちを推し量る技量が必要です。従って第二の抱負としては、コミュニケーション能力の高い医師・作業療法士を育成することも重要な点であると考えています。